(豆知識)お食い初め 鯛(尾頭付き)について

※2016.5.20 更新

お食い初め 鯛(尾頭付き)

 

鯛は「めでたい」のごろあわせから同じく、縁起ものとして用いられ、お食い初めの時もお祝い膳とともに「祝い鯛」として出されます。

 

尾頭付きとは、文字のごとく、尾っぽから頭までまるごとということです。

神様へのお供え物、「献魚」やお祝い事で頂く縁起ものの場合などに尾頭付きを用います。

 

頭から尾までという意味から【最初から最後までまっとうする】という意味があります。

 

※お食い初めどっとこむのコンテンツは無断転載禁止

 

おすすめ お食い初めの祝い鯛(通販商品)


★【お食い初め】【焼き鯛】【送料無料企画中!】★淡路島魚幸の天然焼き鯛 500g~

お食い初めセット壱【ランキングお食い初め1位常連】これがあればお食い初めの儀式が出来ます

※商品販売の各楽天ショップページが表示されます

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

 

このページを読んだ人は、こちらのページもチェックしています