(豆知識)お食い初めの時期はいつ? 何日目に行うの?

お食い初めは生後100日に行う人生儀礼の儀式です

※2016.5.20 更新

お食い初め 赤ちゃん

 

お食い初めは生後100日、地域によって110日、120日とありますが、生後3ヶ月半を過ぎて、4ヶ月くらいに行います。

個人差はありますが、この頃になると始めての歯が、生え始め、離乳食をはじめる頃となります。

 

生後100日前後に行うお祝いなので、「百日の祝い(ももかのいわい)」とも言われます。

 

生後100日目の数え方や計算の仕方ですが、こういった子供の儀式で日数を数える場合は、生まれた日を1日目として計算します。

※こちらのページでお食い初めでお祝いする日の候補日(日にち)を計算できます↓

 

※お食い初めどっとこむのコンテンツは無断転載禁止

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

 

このページを読んだ人は、こちらのページもチェックしています