(豆知識)お食い初めのやり方について

※2016.5.20 更新

お食い初め 家族揃って食事の様子

 

準備ができたらいよいよ、どんな風に行うかです。

お食い初めのやり方

食べさせる人は親族で一番長寿の人(おじいちゃん・おばあちゃん)が、ひざに赤ちゃんを抱いて、箸で食べさせる真似をします。

 

男の子はおじいちゃん、女の子ならおばあちゃんにお願いするとよいでしょう。 長寿にあやかるという意味があるそうです。

 

現在は核家族化が進んでいるので、おじいちゃん・おばあちゃんと同居していないご家族も多いかと思います。

その場合は、形式にとらわれすぎず、ママが赤ちゃんを抱っこしてパパが食べさせる(真似をする)、またはその逆に交代しながら行うのも良いです。

ベビーチェアに赤ちゃんを座らせたままでも構いません。

 

大事なことは赤ちゃんの健やかな成長と、これから食べるものに困らないように願い、祝う気持ちですので気持ちを込めてお祝いしましょう。

 

※お食い初めどっとこむのコンテンツは無断転載禁止

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

 

このページを読んだ人は、こちらのページもチェックしています